京つう

  音楽/映画/写真  |  東山区

新規登録ログインヘルプ


2009年06月28日

MJ

なんだかいろんな人が死んで行く。

「KING OF POP」こと MICHAEL JACKSONまで死んでしまった。

音楽だけでなく、存在そのものが「POP」だった。

MOTOWN時代の「JACKSON 5」天才少年期から
「JACKSONS」、そして「ソロ」と常に世間の関心を惹き付けてきた
正に世紀のスターだった。

特に「JACKSON 5」の頃のすばらしさと言ったらとんでもない。

もう永遠のPOP作品だ。

ここ数年はゴシップ記事や奇行が先行して、
作品的評価は正直よろしくない状況だった。

しかし今聴いてもすごいと思う 「BAD」や「DANGEROUS」
などの名アルバム達…。

中でも「DANGEROUS」を一番聞き込んでいた。

そして「JAM」のPVが大好きだった。





また「INVINCIBLE」などの頃は世界的にも売り上げは落ちてるそうだけども、
"BUTTERFLIES"って曲なんてすごくいい。

肌の色が白くなったとか、どうでもいいじゃん。
整形だもの。お金あるもの。スターだもの。

子供に性的虐待とかも、きっとやってたんじゃないだろうか。
(一応無罪になったが)

しょうがないよ、もう。

世間一般の人間と同じ様に考えちゃいけない人だったのだ。

ネバーランドとか作る人だ。

捕まったって、スグに保釈金払っちゃうから。

もう完全に別扱いしないと。


作品と人間性をごっちゃにするのは良い場合と悪い場合がある。


「MICHAEL JACKSON」を語るのは、ムズカシイのだ。

音楽とかあまり興味ない人にとっては変な人だし、
結構音楽好きな人でもいい評価をしてない人もいるし…。

うかつに「マイケル好き」を全面に出すと、「?」って思われる事もあった。


でもぼくはマイケルファンだった。

これからもだ。


※個人的には「キヨシローの死」の方が圧倒的なダメージを受けたけど。


タグ :音楽

同じカテゴリー(あ行)の記事画像
赤いツナギと獣ヶ原/クリスマスと拾得の楽屋
ウェルビー 名駅店潜入
犬にインタビュー
暖かな雨とカレーとどんと
ウルフルズ 復活のヤッサ!!
アオサギ
同じカテゴリー(あ行)の記事
 お盆とアフタービート (2017-08-17 18:45)
 赤いツナギと獣ヶ原/クリスマスと拾得の楽屋 (2016-12-28 15:58)
 ウェルビー 名駅店潜入 (2016-05-04 01:33)
 117 (2016-01-17 18:20)
 犬にインタビュー (2015-04-13 20:14)
 暖かな雨とカレーとどんと (2015-03-29 13:16)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。