京つう

  音楽/映画/写真  |  東山区

新規登録ログインヘルプ


2009年09月23日

京都音博2009

なんとか雨に降られずに済んだ、今年の京都音博

なんだかんだで、3年連続で観に行っています。




年々来場者は増えているのでしょうか。

場所確保に手間取り、うろうろしていました。

一緒に行った某友人がナイスなスペースを見付けてくれて、
無事にしっかり観る事が出来た。(ありがとうね)

※隣のスペースの若いお兄ちゃんとお姉ちゃんもいい人だった。
 どうもありがとう。




で、落ち着いて観れたのは矢野顕子から。

彼女のライブはちょいちょい観てるので、いつもの感じだった。

この人の声もホント魅力的である。




BO GAMBO3 feat.ラキタ

ラキタって誰なんだと思っていたら、なんと驚きの「どんと」のご子息であった。

彼の歌に一瞬、涙が出た。

なんか、いろいろと感慨深いステージだった。





そして奥田民生。

この場所で「ひとり股旅」のスタイルを観れるのは、スゴく価値がある。

さすがの歌と声、そしてギター。

圧倒的だった。

やはりカッコいいです。










で、石川さゆり。

オーディエンスもウエルカムモード全開。

キラーチューン炸裂の圧巻のステージだった。

さすが、もの凄く声が出ていた。

ああいう演歌を生演奏(バンド)で聞く機会など、そう無い訳です。

こういう日頃に触れる事のない、音楽やアーティストを体験出来る事が
フェス(特にこの音博)の醍醐味であります。

※石川さゆり、とってもかわいい人だった。マイ熟女ブーム到来か!?






はい、ラストはくるり。

最新アルバムはちゃんと聞いてないので知らない曲もありましたが、
やはりステキです。

彼らはやはり「曲」が強い。

リズム・演奏にもバラエティがあり、幅が広い。


ミーハーなファンも多いのでしょうが、彼らの音楽が受け入れられているという事は
実は素晴らしい事だと思う。






楽しい時間はあっという間。

今回は最後のセッションのアンコールもなく、アッサリと終了してしまった。






京都の街(市内)でこの規模のフェスが開催されている事は、結構スゴい事です。

梅小路公園に水族館を作るという計画もある様ですが、
個人的にはこういう音楽フェスが続く事を願います。


今回もステキな時間を過ごせたのだ。



■参考記事/ナタリー


※あの音楽評論家の「平山雄一」氏も観に来ていた。関係者扱いでなく、普通に観に来ていた様子だった。



同じカテゴリー(か行)の記事画像
「獣達の目」と「悪夢の左手」
神戸クアハウス
黒ラベル×ワンスター
京都・五条坂 陶器まつり2016
告知
神戸サウナ&スパ(2回目)
同じカテゴリー(か行)の記事
 「獣達の目」と「悪夢の左手」 (2017-06-01 00:01)
 神戸クアハウス (2017-05-29 20:31)
 黒ラベル×ワンスター (2017-01-30 20:26)
 京都・五条坂 陶器まつり2016 (2016-08-09 10:30)
 告知 (2016-06-27 19:45)
 神戸サウナ&スパ(2回目) (2016-02-13 10:49)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。