京つう

  音楽/映画/写真  |  東山区

新規登録ログインヘルプ


2011年07月23日

京都音楽博覧会2011

京都音楽博覧会2011

今年は観に行く「京都音楽博覧会」です。

以前にも何度か参加していますが他の野外フェスと違うまったりとした独特の雰囲気と、
この機会でしか観れない・聴く事のないであろうブッキングが絶妙なフェスです。


今回の目的は、「くるり」に正式加入した「吉田省念」氏を観たいが為。
(あと細野さんも)

随分と前にweb制作の仕事で協力をしてもらったり、偶然にLIVEで観たりと少しだけ
知り合いだった彼が「くるり」に正式加入するというのにはビックリしました。

※公式にアナウンスされる前にオフレコで聞いていたので、
 誰かに言いたくてウズウズしていたのだ。


もともと「くるり」は好きで聴いていたし、彼らの京都でのLIVEやイベントも
ちょくちょく観ていました。

「吉田省念」氏もずっと京都で音楽をやっていて、きっと以前から繋がりは
あったのでしょうけど、まさかの「正式加入」には驚きです。


バンドというと、ずっと同じオリジナルメンバーで活動してやり続けるのが
理想というか魅力的に感じますが、最近はそうでないパターンも多い様です。
(ジャンルにもよりけり)

理由は知りませんが、バンドで重要なリズムの肝な「ドラム」が途中で抜けた
「くるり」というバンドはずっとその時々の作品(曲)に応じて、
サポート的な敏腕メンバーと活動していました。


あくまで個人的主観ですが、「くるり」の魅力は「バンド」というより
その曲・メロディ自体の強さです。

キーマンな二人ユニット的なスタイルだからこそ、演奏力の限界にも縛られずに
幅広い楽曲を作りそれを表現していた、不思議な魅力を持つバンドだと感じていた。

そんな「くるり」に「吉田省念」氏が加入するのはスゴイ事だと思う。
(今回の加入は、ギターの彼だけでなくトランペットとドラムの3人)


ここにきて再度「バンド」として、動き出そうとしている様に見えるのだ。


…って、それ程「くるり」の大ファンという訳でもないのに
何故か語ってしまいました。

____________________________________

京都は音楽的な文化が面白くて、プロ・アマ関係なくカッコいいステキな
バンドやアーティストがたくさんいます。


そんな中で今回みたいな事があるのは、非常に喜ばしくて楽しい事だと思う。

そして、そんな風に仕掛ける「くるり」も、やっぱり面白い存在だと思う訳です。



同じカテゴリー(か行)の記事画像
「獣達の目」と「悪夢の左手」
神戸クアハウス
黒ラベル×ワンスター
京都・五条坂 陶器まつり2016
告知
神戸サウナ&スパ(2回目)
同じカテゴリー(か行)の記事
 「獣達の目」と「悪夢の左手」 (2017-06-01 00:01)
 神戸クアハウス (2017-05-29 20:31)
 黒ラベル×ワンスター (2017-01-30 20:26)
 京都・五条坂 陶器まつり2016 (2016-08-09 10:30)
 告知 (2016-06-27 19:45)
 神戸サウナ&スパ(2回目) (2016-02-13 10:49)

この記事へのコメント
その考察あると思います。

僕も最近「バンドとは何ぞな?」
考えます。

オリジナルメンバーでやるのがカッコいい
では無く
オリジナルメンバーで出来るのカッコいいのかと・・・
Posted by スリーピー at 2011年07月24日 13:26
結局、バンドも小さい組織・社会。
いろんなタイプがあるよねぇ。

>オリジナルメンバーで出来るのカッコいいのかと・・・

そうですね。
「出来る」っていうのがカッコいいんやねぇ。
Posted by スガキヤ at 2011年07月24日 22:40
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。