2011年10月22日

どですかでん



最近になって黒澤映画を観てみたいという思いにかられ、
昨晩、黒澤明監督初のカラー作品で実験作・異色作という
「どですかでん」を観た。


独特の色彩の映像に引き込まれつつ、
主要の登場人物全員がどこかおかしい「狂った人間」ばかりという
斬新さにクスクスと笑えた。


意味を持たそうと思えばいろいろと解釈出来るだろうと思いますが、
そんな事を考えずにシンプルに言えば


「まともな奴は一人もいない」


「ストーリーも何もない」


「少しづつ何かがおかしい」映画でした。


でも、この空気感・感覚がぼくは好きだ。


しかしこれもオススメしづらい映画。


黒澤映画の中でもあまり評価が良くない作品だそうです。


タグ :映画
同じカテゴリー(た行)の記事画像
トップバッター
トリ
大東洋でグルシン
T2
This is a pen
地球は丸かった
同じカテゴリー(た行)の記事
 トップバッター (2018-01-11 20:05)
 トリ (2017-10-16 20:10)
 大東洋でグルシン (2017-08-23 20:50)
 T2 (2017-06-02 20:12)
 This is a pen (2016-05-14 00:43)
 地球は丸かった (2016-03-22 21:50)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。