京つう

  音楽/映画/写真  |  東山区

新規登録ログインヘルプ


2012年10月27日

ボロフェスタ2012

去る10/21(日)の事ですが、ボロフェスタ2012を観に行っていました。

目当ては「GRAPEVINE」です。

ひさしぶりに昼間から参加したボロフェスタは
相変わらずに音楽好き・フェス好き・酒好き、その他変な人達が集まる空間で、
ぼくはずっとビールを飲みながらステキな音楽・不思議な音楽に浸り、
楽しい時間に身を任せていました。

以下、感想。


■Turntable Films
名前は聞いた事がありましたが、今回初めて見ました。
POPでイイ感じなバンドでした。


■松井くんと上田くんとさよならバイバイズ
以前に「獣ヶ原」のライブで見た事のあるバンド。
個人的にこういうタイプのバンドは好きです。
…甘酸っぱい気持ちになります。


■ときめき☆ジャンボジャンボ
以前にもボロフェスタで見た事があります。
今回は終了間際に見たのですが、盛り上がっていました。
ベースがカッコイイ印象です。


■ホフディラン
2人だけでギターと打ち込みのみの編成でした。
ゲストとしてコーラスやベースなどをモニターに映し、
映像と音を同期させて演奏する(見せる)スタイルが新鮮でした。(ipad大活躍)
ぼくはワタナベイビーがカッコいいと思うのです。
その雰囲気・佇まいはちょっと「キヨシロー」を感じさせます。


■cinema staff
今回、全くの初見でした。
メロディはポップで曲・演奏が激しいギターロック。
…最近こういうバンドが多い気がします。


■対談:僕等の祭りの作り方
ボロフェスタ・セルフ祭・ぐるぐる回るの各イベントの主催者の対談。
テレビブロスの特集記事を読んでいたので楽しみにしていました。
内容は結果的にセルフ祭の主催者(コタケマン・池田社長)の
バカっぷり(いい意味)が炸裂しちゃんとした対談になってなかった様子でしたが、
ぼくは大満足でニヤニヤと笑っていました。


■シゼンカイノオキテ
この頃からぼくは程よく酔っ払って来て、あまり覚えていない。
すいません。


■ゆーきゃん
彼の小さな声・演奏を聴こうと会場全体が座り込み、静かになる光景が独特でした。
演奏に合わせて描かれる絵がモニターに映し出され、その絵も曲と相まっていて
ステキな世界観だった。

…しかしぼくは数分間、完全に眠りに堕ちていたのです。


■GRAPEVINE
そして今回の目当てだった「グレイプバイン」。
昔から好きなバンドです。
曲が良いのは当然ですが、後々で気が付く歌詞の世界観も
素晴らしいのです。
文学的で内省的そして人を小馬鹿にした言葉や響きが
いわゆるバイン節(歌謡曲スレスレ)なメロディと曲に重なって、
この人達にしか出来ないオリジナリティを感じます。

ライブは流石の演奏で圧巻のステージ。

改めて感じましたが、演奏力がハンパないです。(特に西川氏のギター)

http://blog.livedoor.jp/borofesta2012/archives/19192180.html

↑ 写真はボロフェスタスタッフブログにリンクさせて頂きます。


聴きたかった曲も何曲か演奏され、
ただただ素晴らしく・体が震えて・心が揺さぶられ、
いいおっさんが少し泣いてしまいました。


真昼間からずっとビールを飲んで、好きな音楽に包まれて、酔っ払って…。

これを幸せと言わず何と言うのだ。


と、そんなフェスなボロフェスタ。

いちファンとして応援しています。



同じカテゴリー(は行)の記事画像
フォースの覚醒
BCM
ボロフェスタ2014
仏光寺公園
ボロフェスタ2013
法事2013
同じカテゴリー(は行)の記事
 フォースの覚醒 (2015-12-13 12:11)
 BCM (2015-01-18 14:55)
 ボロフェスタ2014 (2014-11-11 23:40)
 はっぴいえんど /はいからはくち (2013-12-31 13:27)
 仏光寺公園 (2013-11-16 14:55)
 ボロフェスタ2013 (2013-10-30 21:08)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。