京つう

  音楽/映画/写真  |  東山区

新規登録ログインヘルプ


2014年03月25日

我ら、時 小沢健二



『我ら、時 通常版』を聴いた。

CD単体としては8年ぶりにリリースされた3枚組のライヴアルバムです。

彼が2010年に行ったLIVE「ひふみよ」のステージが完全収録された内容ですが、
楽曲の素晴らしさ・言葉(歌詞)の強さ・そしてバックメンバーの演奏力のスゴさに
感動しました。


90年代、彼は時代を圧巻していました。

「Flipper's Guitar」だった頃はもしかしたら
「一部のサブカル層やオシャレ層に絶大な人気があった」と
いう感じだったのかも知れませんが、解散後~ソロデビュー1stアルバム
『犬は吠えるがキャラバンは進む』を経て、
スチャダラパーと共演の「今夜はブギー・バック」~2ndアルバム『LIFE』で
完全にブレイク。

王子様的なキャラで、正にスターでした。


このアルバムに収録された楽曲は、『LIFE』を中心にそれ以降に立て続けに
発表された「シングル曲」などばかりで、彼がキラキラしていた時代の名曲ばかり。


90年代のぼく自身の思い出や懐かしさも甦ってくる中、
改めてその彼の言葉やメロディに心が揺さぶられ体が震え
気付くと何故だか涙が溢れていました。


彼は決して歌手(ボーカル)だけの人ではないので、唄の上手い下手はもはや関係ない。

※ただ数曲はメロディ(歌い方?)が変わっていて、
 オリジナルでいいのに…という残念な感じも。


モノローグとされている「ポエトリーリーディング」的な曲は、
「佐野元春」の「エレクトリックガーデン」の様です。

「ビートニク」な雰囲気もあってステキです。



もうあの頃の様に毎日聴く「CD」では無いかも知れませんが、
とても素晴らしい大切にしたい「アルバム」です。


タグ :音楽

同じカテゴリー(わ・を・ん)の記事画像
「笑っていいとも」終了と「消費税5%」終了
「わたつね」のカツカレー
わんわん王国?
同じカテゴリー(わ・を・ん)の記事
 「笑っていいとも」終了と「消費税5%」終了 (2014-03-31 23:27)
 我に返るスキマを埋めろ (2010-10-26 23:56)
 ワールドカップ2010:日本vsパラグアイ (2010-06-30 02:08)
 ワールドカップ2010:日本vsデンマーク (2010-06-25 12:34)
 ワールドカップ2010:日本vsオランダ (2010-06-20 11:02)
 ワールドカップ2010:日本vsカメルーン (2010-06-15 01:12)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。