京つう

  音楽/映画/写真  |  東山区

新規登録ログインヘルプ


2008年12月07日

みやこ音楽祭08 2日目



ちょっとゆっくりめに2日目を観に行く。

何年振りかに叡山電車に乗った。

少しノスタルジックな気分です。



↓ 追記:ライブレポ(勝手な個人的感想)

1日目よりも昼間は寒さがマシだった。

しかし若干の疲労が残り気味で、あまり酒は飲まないと誓った。

この誓いはほんの小一時間で、もろくも崩れ去ったんだけども…。

この日はくるり登場するので1日目よりもかなり人が多く、
非常に動きにくかった。


Lucky Lips

ゆっくり目にやってきたので、この日はLucky Lipsから観た。
何度か観てるので知ってはいますが、やはりギターが素晴らしくカッコいい。
気持ちいい3ピースのロックです。
今回はドラムのスネアの音が非常に気持ち良かった。
やはり西部講堂より音が良いのだろうか。


キセル

前のバンドは昼食タイムで全く観れず。
そしてキセル。以前のボロフェスタの時はちょうど眠たい時間で
しっかり観てなかったので、今回こそはと思っていた。
あんまり詳しくは知らないのだけど、この人達はバンドスタイルで(ドラム入れて)
演ってないのでしょうか。
すごく気持ち良くて、気に入りました。曲もメロディも素晴らしく、声も独特。
ハーモニーも美しくて、非常にぼく好み。
エマーソン北村氏のキーボードも、もちろん気持ち良いのだが
ぜひバンドスタイルで観てみたいと強烈に思った。
また機会あれば観たい。


mama!milk 'Fragrance of Notes' ensemble

いやいやスゴかった。一言で言えば「エロス」。まさに「エロス」。
コントラバス、トロンボーン、フルート、ピアノ、アコーディオンでの
メロウで極上な音楽だった。(ピアノが非常に気持ち良かった)


騒音寺

いやいや、やはりスゴいです。この人達は。
曲がどうこうとかいう話ではない。
このスタイル、このキャラ、この演奏。
何も言えません。素晴らしいLIVEでした。
ダニなんダニ。


くるり

そしてくるり。
やはりもう貫禄です。余裕です。
新曲も3曲あり、非常に素晴らしいステージだった。
この日のサポートギターが抜群に良カッコ良くて鳥肌モノだった。
(誰か分かんなかったけど、かなりスゴい人)
「ロックンロール」のアレンジが変わっていて、ちょっとルーズになっていた。
「尼崎の魚」が聴きたかったのですが、演ってくれなかったんで残念でした。
しかし、やっぱりカッコ良かった。いいライブでした。

くどいようですが、やはりこの人達は曲が強い。




…そんな訳で西部講堂を離れて開催された今回のみやこ音楽祭。
ボロフェスタもそうですが、やはりどうしてもあの西部講堂という場所のイメージが強い。

だけど主催する側は、そこに拘らず新しい楽しいモノを作ろうとしてくれている。
前は前の良さがあるが、新しいモノには未来がある。


こういう心意気のあるフェスは素晴らしい。



また楽しい時間を過ごさせてもらった。どうもありがとうです。


これもぼくの「キョートリヤル」だと。



同じカテゴリー(ま行)の記事画像
メンテナンス
マンガ サ道
真夏の豪雨
まめぶ
店番犬
まなびや2012
同じカテゴリー(ま行)の記事
 メンテナンス (2016-05-28 21:55)
 マンガ サ道 (2016-01-20 20:35)
 真夏の豪雨 (2014-08-17 13:24)
 まめぶ (2014-03-21 22:36)
 店番犬 (2013-12-05 12:06)
 まなびや2012 (2012-11-04 22:45)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。