京つう

  音楽/映画/写真  |  東山区

新規登録ログインヘルプ


2009年02月25日

「少年メリケンサック」を観た



待望(?)だった、少年メリケンサックを観た。

くだらなくて、バカバカしくて、ずっと笑っていた。

途中に便所も行かず、ずっと笑っていた。

今のぼくの気分にドンピシャな作品だった。


嫌いな人は大嫌いな映画かも知れない。

下ネタばっかで、ふざけてると言ったら確かにそう。

そう評価するブログも多い。

でも、そうとしか感じられないセンスな人はかわいそうだ。

「篤姫」の宮崎あおいがどうだとか、佐藤浩市がどうしたとか、
そんなとこでしか観れない人はこの手の映画は観ない方が懸命だ。


なんだろう、同世代・同年代の共時性とでも言おうか。

クドカン作品の感覚やバカバカしさ、そして基本的に緩いのに
奥に隠れていてたまに顔を出す熱さが、非常に気持ちが良い。

アイデン&ティティで語られていた「ロックは怪獣なんだ」という理論が、
今回は「バンドは怪獣なんだ」という理論になっていた。


昔にバンドやってた人、今も音楽が好きな人。

そんな人は楽しめる作品だと思われる。


流行ってるからとか注目されてるからとかじゃなく、
こういう空気感が好きな人、このくだらなさがオモシロいと思える人。

ぼくは、そういう人は信用出来る。

…大げさだけどもね。


タグ :映画

同じカテゴリー(さ行)の記事画像
37(サウナ)ハットと3番目出演の3月のLIVE
SW 最後のジェダイ
シルチル
サウナハットデビュー
サウナめし
仕事とお酒とサウナとバンドと犬と
同じカテゴリー(さ行)の記事
 37(サウナ)ハットと3番目出演の3月のLIVE (2018-03-15 20:41)
 SW 最後のジェダイ (2017-12-31 18:57)
 シルチル (2017-08-22 20:43)
 サウナハットデビュー (2017-03-15 23:54)
 サウナめし (2017-03-02 21:15)
 仕事とお酒とサウナとバンドと犬と (2016-11-02 21:10)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。