京つう

  音楽/映画/写真  |  東山区

新規登録ログインヘルプ


2010年01月13日

有効活用

河原町五条の大きな工事現場。

実は何の工事をしているのかよく知らないんですが、
気付いたらこんな事になっていた。








こういう大きいスペースをイメージ広告に活用するのは
すごくいいと思います。


京都の町名とその由来を、芸術系大学の学生の作品で紹介しています。


最近は工事現場のシャッター(?)等を広告スペースに利用しているのを
ちょくちょく見るようになった。


どんな工事現場でもその期間中にいろんな部分で迷惑をかける事も
あるであろうし、また過剰に騒音や渋滞等で迷惑に感じる人もいるでしょう。


それをこういう形でイメージを変える・見せ方を変えるというのは
ステキです。(以前はこんなのもあった。)


景観による規制が厳しい、京都の「屋外広告・ビル広告」は他の地域よりも
おとなしい展開が多い。


もちろん町の景観やイメージとの調和は大切ですが、
個人的にはもう少し派手で元気なモノが増えたら楽しいと思うのだ。


…こんな時代だからこそね。


同じカテゴリー(や・ゆ・よ)の記事画像
読んで字の如く
読みかけの本
夜の祇園町
よしもと祇園花月
「夜ふかし市5 DX」へ行ってきた。
夜ふかし市5 DX
同じカテゴリー(や・ゆ・よ)の記事
 読んで字の如く (2016-04-07 00:30)
 読みかけの本 (2015-08-15 18:04)
 夜の祇園町 (2012-11-27 01:05)
 よしもと祇園花月 (2011-08-01 22:53)
 「夜ふかし市5 DX」へ行ってきた。 (2011-07-30 23:43)
 夜ふかし市5 DX (2011-07-26 12:48)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。