京つう

  音楽/映画/写真  |  東山区

新規登録ログインヘルプ


2008年08月17日

日本一高い場所 その19

ぼくの富士山登頂作戦は、一応の成功を収めた。

…この時点で携帯電話の充電が切れてしまう。


しかし、ぼくが到達した富士山頂上である「浅間大社奥宮」は
実は日本最高峰ではなかった。

まだここからさらに歩く事約20分の、「剣ケ峰」というポイントが
日本一高い場所なんだそうだ。


おいおい、何だそれ。まだ先があるのですかと。


もちろんここまで来てスルーする訳には行かず、当然「剣ケ峰」を
目指す事にしました。


…この「剣ケ峰」への道程が地獄への序章でありました。

足下の土がサラサラで滑ってたいへん。

思う様に足が踏ん張れず、かなり手こずりました。


…なんとか到着し下界を見るが、天候は悪く何にも見えない。

一応、日本最高峰の場所に立ったので一旦「浅間大社奥宮」に戻る事に。

ここからの下りが苦痛の始まり。


なんとか登れたサラサラの地面が、下りになるとどうしようもなくキツいのです。


さっきまで登りで使っていた筋肉と違う筋肉を使うのです。

つま先に力を入れる感じで踏ん張るのですが、痛いのなんのって。

ここまで約6時間30分程ずっと登り使用で歩いて、急に下り使用に切り替えるのです。

この急激な変化に運動不足のぼくの体は対応しきれなかったのです。

右膝も痛み始め、左足の付け根も痛い。


なんとか「浅間大社奥宮」まで戻る事が出来て、ちょっと休憩しようとしたら
なんと休憩所兼売店が終了時間に。

宿泊予約していた人は入れるが、それ以外はダメとの事。

翌朝にご来光を観る人達は予約してるか、かなり重装備の寝袋を
用意してきていたようだ。


…しまった。甘く見ていた。こんなに寒いなんて。


ぼくの準備していた装備じゃ、頂上付近で眠ってしまったら
永遠に眠ってしまうじゃないか!

足は痛いし、寒いし。

でもここにはずっといられない。

この時で、15:40だった。

仕方ないから、下山しましょうかと。まだ陽が出てる時間には降りられるだろう。

頑張ろうと。


…こうして、ぼくは「ご来光」をあきらめて下山する事になりました。


タグ :富士山

同じカテゴリー(な行)の記事画像
20190101
20181231
20180101
20170922=47
20170101
20160101
同じカテゴリー(な行)の記事
 20190101 (2019-01-01 00:26)
 20181231 (2018-12-31 14:48)
 20180101 (2018-01-01 12:39)
 20170922=47 (2017-09-30 22:08)
 20170101 (2017-01-01 11:21)
 20160101 (2016-01-01 00:14)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。