京つう

  音楽/映画/写真  |  東山区

新規登録ログインヘルプ


2017年06月02日

T2



GW中の事ですが、
やっと観れた「トレインスポッティング2」が
想像以上にとても素晴らしかった。

略して「T2」。
(ターミネーター2ではありません)

前作の感動・興奮した
あのワクワク感が呼び起こされます。

あの時のクールな感覚そのままの
20年後になっていました。

何故か自分自身や友人の状況を
重ねてみたりして、
甘酸っぱい気持ちにもなりました。

これは続編映画として、
完璧に仕上がった作品です。

http://www.t2trainspotting.jp/

  
タグ :映画


Posted by リヤル at 20:12Comments(0)た行

2016年05月14日

This is a pen



penの最新号、
特集「いとしの歌謡曲」。

「はっぴいえんど」の歴史から
「松本 隆」氏のインタビュー、
そして70年〜80年代のアイドル歌謡曲が
紹介されています。

軽く立ち読みのつもりだったのですが…



原田知世が可愛過ぎて、
思わず買ってしまったじゃないか。

なんだ、このキュートな可愛らしさは。

どうかしてるぜ。

  


Posted by リヤル at 00:43Comments(0)た行

2016年03月22日

地球は丸かった



安かったのでミニ地球儀を購入。

きちんと勉強して来なかったので、
いい大人なのに世界各国の位置関係が
分からなかったのです。

これでは情けないし、
ちょっと恥ずかしい。

…最近はニュースを見ながら、
いちいち地球儀で確認する作業が
楽しいです。  


Posted by リヤル at 21:50Comments(0)た行

2016年03月14日

正しいサウナの入り方

ここ何年かで急激にハマってしまった「サウナ」。

家に風呂があろうとも、最低週1回は銭湯で
サウナ&水風呂。

月2~3日は「サウナ施設」でととのっています。

もう完全なるルーティンです。


気付くとネットでも「サウナ」関連の検索ばかり。

そんな中で見つけた、下記の記事。



「本当に気持ちのいいサウナの入り方を考えてみた」

http://dime.jp/genre/232508/

カーツさとう氏の連載コラムですが、
読んでてニンマリします。


記事中にある、


サウナの1セットっていうのは、

『サウナ室』−『水風呂』−『休憩』

ではなくて

『サウナ室』−『汗流し』−『水風呂』−『休憩』

の四行程であるということを定着させたい!
訴えたい!


という事にはぼくも大賛成であります。



そんな感じで、昨日もルーマプラザへ。

土曜の晩は飲み過ぎなかったので、
コンディションもバッチリ。


上記の1セット(四行程)×3回と、
ロウリュ2回+塩サウナ2回。


…もう無駄にお肌ツルツルです。





ご飯も美味しくて、疲れも取れて、
寝つきも良くなって
ホントいい事しかありません。


しんどかったり、イライラしてる人達も
サウナに行けばみんな穏やかになれると思います。


…うわ、また行きたくなってきた。  
タグ :サウナ


Posted by リヤル at 23:57Comments(0)た行

2015年05月06日

大文字山に登る男















GW休みの間、
お酒ばかりもよろしくないので
久しぶりに大文字山に登りました。

わずか30分程度で、ちょっとした
非日常な気分になれる場所です。

銀閣寺道周辺は観光客も多く
とても賑わっていましたが、
大文字山はそれほどでもありません。

まだまだ外国人の方も少ないですが、
そのうちこの気持ち良さもバレてしまって
増えるんじゃないでしょうか。  


Posted by リヤル at 13:22Comments(0)た行

2014年10月21日

太陽カレー

先日ですが、念願だった西院の「太陽カレー」に行きました。

「ワインとのマリアージュで大人のカレー」という、
ちょっとセレブなスタイルです。

店内もオシャレなcafeな作りなので女性客ばかりなのではと思っていましたが、
男性客も多数いらっしゃいました。





…なんという事でしょう。


「男のカレー」という男前なメニューもあるじゃないかと。


これはカレー好きな男としては注文しない訳にはいきません。


しかしワインではなく、ビールとのマリアージュです。




「男のカレー」980円

なかなかのボリューム感です。


男向け(?)なメニューなのでガーリックチップがたくさん入っていて、
ちょっとこってりした濃い味でしたがとても美味しかったです。


上品に丁寧に作られている「カレー」に感じました。


次は違うメニューにして、
もっと基本の「カレー」を食べたいと思います。


「太陽カレー」さん、かなりレベル高いです。


http://tabelog.com/kyoto/A2601/A260401/26022669/

  
タグ :カレー


Posted by リヤル at 22:25Comments(0)た行

2014年09月11日

駐輪禁止アピール

ぼくは自転車移動が多いので、
しばしば「駐輪禁止」のシールを
貼られてしまう事があります。

そんな中、先日今までと違ったアピールで
注意を受けました。







自転車のカゴに何かついてると思ったら、
こういう事でした。

…ほう、新しい攻め方です。

ちょっと微妙な気持ちです。

別に「思いやり」は放置していませんし。

なんだか捨てるに捨てられず、
この小さな花を放置出来ません。  


Posted by リヤル at 21:50Comments(0)た行

2014年05月07日

磔磔40周年 Theピーズ ワンマン 先輩佐藤50前!



GW最終日の5/6、
磔磔40周年 Theピーズ ワンマンライブ
「2014初夏シリーズ 先輩佐藤50前!」を観ました。

ピーズのLIVEを観るのは昨年のCAPITAL RADIOイベント以来です。


いつものおっさん3名で観に行ったのですが、
うち2名は二日酔い(3日酔い)なバッドコンディション。


開演前はフラフラでしたが、
始まってしまえば関係ありません。


個人的に「映画(ゴム焼き)」をLIVEで観れたのがレアでした。

後半に演奏されたベースのリフが効いたミディアムテンポの新曲もいい感じ。


アビさんのワンパク感も炸裂し、あっという間の2時間ちょっと。


やはりワンマンのLIVEはいいです。(時間もたっぷり、曲も多いし)


「ええじゃないか」の清水君にも会えて、一緒にいいLIVEを観れて良かったです。





セットリストは以下のリンクへ。

http://www.thepees.com/?p=1430  


Posted by リヤル at 22:43Comments(0)た行

2014年03月31日

高瀬川一之船入の桜2014





仕事の途中でもやたらと桜が目につきます。

今年は花見がしたいです。

でも飲みすぎには要注意。

…最近、引き際がわかりません。

度が過ぎています。  


Posted by リヤル at 20:56Comments(0)た行

2014年02月10日

罪と罰/THE HIGH-LOWS

罪と罰/ザ・ハイロウズ



自分で動きもせず、結局何にもやらず、文句ばっかり言う人々に送る曲。

この動画は凄まじくカッコ良い。

…こんな1曲目で始まるライブを観たら、ぼくは失禁してしまうかも知れないです。  
タグ :音楽


Posted by リヤル at 23:15Comments(0)た行

2013年10月22日

たましいの場所/早川義夫



たましいの場所/早川義夫
(ちくま文庫)

言葉が優しい、
とても暖かい、
ちょっと悲しい。

ステキなエッセイ。

これはいい本です。


…ぼくは彼の歌が聴きたくなりました。  


Posted by リヤル at 00:40Comments(0)た行

2013年09月16日

台風18号

地震以外で初めて緊急警報の
メールが来ました。

京都でここまで緊張感があるのは
あまりない事です。

桂川が氾濫して嵐山の方は
大変な様子です。

みなさん、ご無事でしょうか。


何とか近畿地方は通り過ぎましたが、
鴨川は今も濁流で荒れ狂っています。





  


Posted by リヤル at 14:44Comments(0)た行

2013年08月23日

トロピカル/Theピーズ

■トロピカル/Theピーズ



暑いです。

苦しいです。


毎日「猛暑だ、真夏日だ」ばっかりでウンザリです。


そんな暑すぎて鬱陶しいこの夏、ぼくの頭の中ではこの曲が頻繁に流れています。


脱力感・けだるさ感漂う、ミディアムテンポが気持ち良い。
(某大物ロックスターへのオマージュ的な、「あぁ、パシフィック」にもニヤリです)

普通一般の夏ソングとは真逆の夏ソングです。


こんなバカみたいに暑い今年の夏なのに、海にも川にも山にも行っていません。


ぜんぜんトロピカれていません。


…だけどまぁ、ビールが旨いから良しとしようかと。


この曲も個人的に夏の名曲です。  


Posted by リヤル at 22:40Comments(0)た行

2013年05月29日

中学生の妄想と楽しげな大人

先日、「中学生円山」を観ました。

NHK朝の連ドラ「あまちゃん」で只今絶好調なクドカン作品です。





悶々とした中学生男子の妄想をテーマに、
ここまで話を展開出来るなんてスゴいです。


バカバカしさ満開な内容で、ぼくはずっとクスクス・ニヤニヤしっぱなし。

中でも、ボケたおじいちゃん(不滅の男エンケン)の路上ライブシーンは凄まじく、
「ド素人はスッコンデロォ!」には心と体が震えました。

ただストーリー終盤の展開には、個人的にちょっと「?」な印象です…。


クセが強い作品なので、誰でもに受ける映画ではないと思われます。

客席も割りと空いていました。


そんな中「あまちゃん」の影響で来たと見受けられる
年配のおじさんやご夫婦の姿があったのですが、
途中で席を立ってしまって戻って来なかった人もいらっしゃいました。

きっとイメージしていた映画と違っていて、呆気に取られたんじゃないかと。



ぼくはクドカンの脚本・監督作品の中には、

いい大人がくだらない事やってる「バカバカしさやパンク感」
堅苦しくなく押し付けがましくない「家族愛」
やる時はやるけどカッコは付けず主張し過ぎない「熱さ」 …みたいなモノを感じます。


楽しげで・爽快で・笑えて・ちょいちょい泣けて。(たまに号泣)


そんな雰囲気・空気感がとても気持ちいいのです。



個人的で勝手な私的「クドカン(関連)作品ベスト5」は、

「アイデン&ティティ」
「吾輩は主婦である」
「タイガー&ドラゴン」
「ぼくの魔法使い」
「GO」 

です。


…あっ、どうでもいいですね。


ここ最近は録画している「あまちゃん」を週末にまとめて観るのが楽しみなのですが、
今後の展開で「東日本大震災」をどう扱いどう触れるのかにも興味津々です。  
タグ :映画


Posted by リヤル at 22:50Comments(0)た行

2013年04月16日

高瀬川のカモ 2013



暖かくなったこの時期、
高瀬川で「カモ」をみつけると嬉しくなります。

カモ社会にもきっといろいろあるんでしょうが、
毎年この場所で優雅に泳ぎ漂う彼ら(彼女?)を
見ると何だかホッとするのです。  


Posted by リヤル at 22:41Comments(0)た行

2012年12月15日

チロルのカツカレー

以前から行きたいと思っていて、
やっと行けました。

喫茶チロルです。



カツカレーです。

淡路産タマネギをたくさん使っているそうです。

いい意味で家庭的で暖かい・優しいカレー。

なんか勝手に懐かしさ・ノスタルジックさを
感じました。

きっとお店の人(おばあちゃん・おばちゃん)の人柄や
店内の雰囲気、アットホームな空気感がそうさせているのでしょう。

とても美味しかったです。



また行きたいお店です。

…チロルという名前もとってもキュートなんだねぇ。  
タグ :カレー


Posted by リヤル at 11:56Comments(0)た行

2012年08月16日

大文字2012

今日でお盆休みも終了。

16日は京都は大文字です。

微妙に家からも見えるのです。





…また、明日から頑張ろうかと。

暑いけど。  


Posted by リヤル at 20:24Comments(0)た行

2012年06月08日

「鳥彌三 あざみ」のカレー

京都文化博物館内にある、「鳥彌三(とりやさ)あざみ」さんでカレーを食べました。



上品なお店での上品なカレーでございます。

今度は「鳥彌三」さんで、あの坂本龍馬も愛した水炊きが食べたいなぁと。
  
タグ :カレー


Posted by リヤル at 00:10Comments(0)た行

2011年11月08日

天一の口

夕方からどうしても「天一」が食べたい口になってしまったので、
また仕事帰りに立ち寄った。



↑ ありゃ、ドンブリが変わってるではないか。




↑ ごちそうさま、と。


個人的に以前のドンブリの方が、食欲がそそられますねぇ。

…まぁ、スグに慣れるでしょうけども。  


Posted by リヤル at 23:05Comments(0)た行

2011年10月22日

どですかでん



最近になって黒澤映画を観てみたいという思いにかられ、
昨晩、黒澤明監督初のカラー作品で実験作・異色作という
「どですかでん」を観た。


独特の色彩の映像に引き込まれつつ、
主要の登場人物全員がどこかおかしい「狂った人間」ばかりという
斬新さにクスクスと笑えた。


意味を持たそうと思えばいろいろと解釈出来るだろうと思いますが、
そんな事を考えずにシンプルに言えば


「まともな奴は一人もいない」


「ストーリーも何もない」


「少しづつ何かがおかしい」映画でした。


でも、この空気感・感覚がぼくは好きだ。


しかしこれもオススメしづらい映画。


黒澤映画の中でもあまり評価が良くない作品だそうです。  
タグ :映画


Posted by リヤル at 03:05Comments(0)た行